都城ミートアンバサダープロモーション
【宮崎県都城市】

MIYAKONOJO MEAT Ambassador

ふるさと納税2年連続No.1
日本一の肉と焼酎のふるさと

  • 都城ミートアンバサダープロモーション【宮崎県都城市】01
  • 都城ミートアンバサダープロモーション【宮崎県都城市】02
  • 都城ミートアンバサダープロモーション【宮崎県都城市】03

日本一の肉と焼酎のふるさと、都城の美味しさを
Dreamia Club・ミートアンバサダーがお届けします

宮崎県の南西部に位置し、霊峰・霧島連山に抱かれた盆地のまち「都城(みやこのじょう)」。
緑あふれる豊かな大地と霧島裂罅水の名水が溢れるまち都城は、
肉(牛・豚・鶏)の合計産出額が日本一であり、また焼酎売上高全国1位の酒造メーカーがあるなど、まさに「日本一の肉と焼酎のふるさと」です。
豊かな素材、食に恵まれた都城市は2015年、2016年2年連続でふるさと納税No1に輝きました。(平成28年度・平成29年度総務省調べ)
実直に良いものを作ることにこだわる生産者思いを、10人のアンバサダーとともにお届けするのが
「都城ミートアンバサダープロモーション」です。
10人のアンバサダーによる都城の牛肉、豚肉の美味しいレシピを是非お楽しみください。

都城ミートアンバサダーサロン
都城xDreamiaClub

都城ミートアンバサダーサロン
2019年10月〜2020年3月開催

宮﨑県都城市の牛肉と豚肉を使ったメニューが続々登場!!タイアップレッスンも開催

  • 2019年10月
    レッスンレポート&レシピ
  • 2019年11月(12月上旬公開)
    レッスンレポート&レシピ
  • 2019年12月(1月上旬公開)
    レッスンレポート&レシピ
  • 2020年01月(2月上旬公開)
    レッスンレポート&レシピ
  • 2020年2月(3月上旬公開)
    レッスンレポート&レシピ

「都城ミートアンバサダー」キックオフセミナーレポート
2019年9月6日(金) 会場:クリナップ・キッチンタウン・東京

9月初旬、クリナップ・キッチンタウン・東京にて、都城ミートアンバサダーサロンの10名の先生方にお集まり頂き、都城市アンバサダープロモーション説明会が開催されました。当日は宮崎県都城市ふるさと産業推進局の東 局長をはじめ都城市ふるさと産業推進局の皆様や、都城市ふるさと納税振興協議会様、都城市の牛肉・豚肉の事業者様、焼酎事業者様が登壇され、お肉や焼酎のご説明や、2年連続日本一に輝いた都城市の「ふるさと納税」についてご説明を頂きました。ふるさと納税をまだやった事がない先生方もいらっしゃり、「簡単にできるのを知って、やらない方が損だと思った」、「サロンの生徒さん達にも都城市のふるさと納税のことを知らせたい」等、ふるさと納税についての新たな学びもある貴重なセミナーとなりました。

 その後、お楽しみの試食タイムでは、都城産宮崎牛のサーロインやシャトーブリアン、都城の注目のブランド豚「観音池ポーク」を試食。
こだわりの生産方法の「観音池ポーク」は、しゃぶしゃぶでアクがほぼ出ない事と、臭みがほぼ無い事に、皆さん驚かれていました。
また、お肉とともに、日本一の焼酎生産地の様々な蔵元の銘柄を試飲。都城の銘醸酒5銘柄の飲み比べや、焼酎と仕込水で割って数日間寝かせた、まろやかな口あたりの「前割り」の燗酒、2019年インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ芋焼酎部門で最高賞を受賞した「茜霧島」(霧島酒造)の爽やかなソーダ割り等、芋焼酎の幅広い飲み方を堪能しました。都城の美味しさと魅力に開眼した10名のミートアンバサダーによるタイアップレッスンやレシピ公開は、いよいよ10月からスタート。

キックオフセミナーレポート
  • 日本や世界中の美食家やセレブを唸らせる日本一の肉の芸術品
    宮崎牛

  • 都城ミートアンバサダー
  • 「宮崎牛」とは定義された「地域団体商標」の登録名称です。
    厳しい条件に合致するものだけが「宮崎牛」と名乗ることができそれが宮崎牛のおいしさの秘訣です。

    • 宮崎生まれ、宮崎育ちの黒毛和牛
    • (公社)日本食品格付協会肉質等級が4級以上のもの
    • 血統の限定(県内種雄牛など)
  • 5年に一度の和牛のオリンピックで史上初の3大会連続日本一

    全国和牛能力共進会で史上初の3大会連続で最高位の「内閣総理大臣賞」を受賞。
  • アカデミー賞授賞式のパーティーに2年連続採用

    2018年、2019年ロサンゼルス・ハリウッドで開催された映画の祭典アカデミー賞授賞式のアフターパーティにおいて宮崎牛と都城市の「霧島焼酎」が2年連続採用された。アカデミー賞公式シェフであり肉の巨匠、ウルフギャング・パック氏は「20年以上メニューを手がけてきたが、やっと最高の肉に出会えた。2年連続で宮崎牛をふるまうことができて光栄。スターに楽しんでもらいたい」と絶賛した。
  • イチローさんもお取り寄せ

    米大リーグで活躍し、3月にマリナーズを現役引退したイチローさん(45)は、宮崎牛を定期的に米国の自宅に取り寄せています。
    十数年前、イチローさんから「和牛を取り寄せたい」と相談を受けた愛知県の関係者から打診を受けた宮崎牛の事業者が空輸。
    宮崎牛を口にしたイチローさんは「こんなおいしい肉は食べたことがない」と感動、以降定期的に空輸。イチローさんの了承を得て6月に公表されました。(「宮崎日日新聞 2019.6.29掲載」より抜粋)
  • 都城ブランド豚の特徴
    都城にはこだわりの銘柄豚が22種も!

  • 都城ミートアンバサダー
  • 都城のブランド豚は、都城の大自然で太陽をいっぱい浴び、都城盆地の清らかな水とこだわりの餌を吸収し、さらには生産者の愛情と情熱を受けながら大切に育まれています。
    肉質や脂身、甘さや旨みに、それぞれの特徴を持っています。
    • きなこ豚
    • 麹の極豚
    • とんぷきん
    • Mの国黒豚
    • お米豚
    • 和豚味彩
    • おさつポーク
    • 南国スイート
    • クイーンハーブ豚
    • 菜のはな豚
    • 観音池ポーク
    • 高城の里
    • 前田さん家のスウィートポーク
    • 大万吉豚
    • どんぐりの恵み
    • バイオ茶ポーク
    • おいも豚
    • 天恵美豚
    • 安納黒豚
    • 都城美鮮豚
    • 麦小町
    • 霧島黒豚
  • 霧島裂罅水とこだわりのエサで育つ 臭みなく、きめ細かい豚
    観音池ポーク

  • 都城ミートアンバサダー
  • 安心して食べてもらえる本当に美味しい豚肉を

    「観音池ポーク」は「安心して食べてもらえる本当においしい豚肉をつくろう」との思いから、銘柄豚の研究をはじめて10年の歩みを経て、「観音池ポーク出荷組合」は1998年に誕生しました。育てている豚の全頭が「観音池ポーク」一銘柄という全国でも珍しい4家族からなる出荷組合です。一頭一頭正直にまっすぐに、愛情を込めて育てています。
  • 霧島裂罅水とこだわりのエサで健やかに育つ「観音池ポーク」。
    美味しさの秘訣はこだわりのエサ。

    都城盆地の下には、岩盤を突き上げ湧き出す、天然の地下水「霧島裂罅水(れっかすい)」があります。
    豊かなミネラルと炭酸ガスを含み、やわらかく清涼感がある、この霧島の裂罅水で育った豚は健やかでひとつひとつの細胞も元気。さらに、美味しさの秘密は大学などの研究機関と協力しながら、常に進化させているオーダーメイドのエサにあります。
    • ネッカリッチ

      シイやカシなど常緑広葉樹の皮を低温で蒸し上げてできた木炭の微粉末に、木酢液を配合した飼料。宮崎大学などの学術研究によると、家畜の病気・ストレスへの抵抗力が高まり、肉質が良くなることが証明されています。豚肉特有の臭みがなく、キメ・シマリのある肉質になり、ドリップが出にくくなるという保水性は、ネッカリッチの持つ抗菌性、ミネラル成分に関係しています。
    • 笹サイレージ

      増え続ける放置竹林を伐採し、破砕して発酵させたもので、宮崎県畜産試験場で、生活習慣病の予防が期待される脂肪酸のオレイン酸の割合が高くなるという給与試験結果も出ています。豚肉特有の臭みが少なくなり、より肉質をアップさせます。
    • エコフィード

      2006年に宮崎大学、県畜産試験場、観音池ポーク出荷組合と共同でエコフィード給与実証実験が行われました。エコフィードは食品工場からでたパンの耳や、麺類などを乾燥させたもので、豚肉にサシが入り、肉質が柔らかく、美味しくなることがわかりました。エコフィードは調理端材であって残飯ではありません。人が食べても問題ない衛生レベルが確保されていて、フードロスの問題解決にも貢献しています。
  • 宮崎県畜産共進会2年連続グランドチャンピオン(2017年、2018年)
    日本農業賞優秀賞受賞(2019年)

    都城盆地の下には、岩盤を突き上げ湧き出す、天然の地下水「霧島裂罅水(れっかすい)」があります。
    豊かなミネラルと炭酸ガスを含み、やわらかく清涼感がある、この霧島の裂罅水で育った豚は健やかでひとつひとつの細胞も元気。さらに、美味しさの秘密は大学などの研究機関と協力しながら、常に進化させているオーダーメイドのエサにあります。