ピックアップサロネーゼ<整理収納> 第3回:教室運営編

笹本美恵さん写真1

「すまいるプラス」

笹本美恵

【山梨県中央市】

 

今月の「整理収納」のコーナーでご紹介するのは、「すまいるプラス」を主宰されている笹本美恵さん。 パソコンスクール等でインストラクターを15年務めた経験を生かし、受講者に分かりやすく伝えることを心がけていらっしゃる笹本さんの講座は、家に帰ったらすぐに実行できると大変ご好評いただいております。 こうした整理収納の世界に入られたきっかけは、笹本さんご自身がひとり暮らしを始められた際の実体験に基づくようです。 受講者、そしてそのご家族、そして自分自身の笑顔の輪を整理収納によって実現すべく日々精力的にご活動されている笹本さんを4週にわたってご紹介いたします。

笹本美恵さん写真8

笹本美恵さん写真9

8.整理収納の仕事に興味を持ったきっかけを教えてください

25歳でひとり暮らしを始めた頃、仕事に追われる中で、モノがあふれ散らかっているワンルームでの生活に常にストレスを感じていました。
しかし、これは何か違うと考えていたとき、仕事を辞めたタイミングで「整理収納アドバイザー資格」と出会いました。
片づかない生活の中でも「床にモノを置かない」「定位置管理」だけは、実行していたので、私の場合は「モノを減らす」を実行するだけで、劇的に暮らしやすくなり、そうだ、これを仕事にして多くの方に伝えたいと決意し、すまいるプラスを立ち上げました。

9.資格を取得して良かったと思うことはなんでしょう?

整理収納作業をさせていただくと、最初にお会いした時の奥さまのお顔と、作業が終わった時の奥さまのお顔が、別人のように変わり輝きます。
その笑顔を見ることが何よりうれしく、また、いただいた笑顔のおすそわけで我が家にも笑顔が増えます。

10.講座やお仕事の内容や運営の工夫があれば教えてください

講座の場合は、いただいた事前アンケートを参考に事例を盛り込んだり、整理収納サービスの場合はお客様に片づいた後の理想の暮らしをイメージしていただき、その暮らしをゴールと捉え一緒に作業をすすめて行きます。

11.講座やお仕事でよく使う愛用品を教えてください(道具など)

  • 笹本美恵さん写真10

    ドラフティングテープ(スコッチ)&ノック式マッキー
    テプラをする前の仮収納に貼ります。紙の箱でも貼ってきれいに剥がせます。

  • 笹本美恵さん写真11

    クリップボード
    ヒヤリング時の必需品 中に書類だけでなくペンとメジャーと電卓が入っています。

  • 笹本美恵さん写真12

    青バケツ(通称青バケ)
    メジャーやガムテープ、ゴミ袋、マスクにエプロン、はさみから領収書まで何でも入ります。耐荷重100kgなので踏み台としても使えるすぐれモノです。