ピックアップサロネーゼ<暮らし、美> 第3回:教室運営編

東樹麻理子さん写真1

「Atelier Ecru(アトリエ・エクリュ)」

東樹麻理子

【東京都江東区】

 

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「Atelier Ecru(アトリエ・エクリュ)」を主宰する東樹麻理子さん。 お教室ではフレンチスタイルの上品で洗練されたプリザーブドフラワーとアーティフィシャルフラワーを学ぶことができます。 作品は「エレガント&シック」「エレガント&キュート」をデザインコンセプトにしたものとなっておりますが、生徒さんにはリラックスして受講してほしいという思いから下の名前で呼んだり、またレッスンの後のティータイムにも季節感を出すなど細部までこだわりとおもてなしの心を感じることができるお教室です。 皆さんも忙しい日常を忘れて、お花と笑顔にあふれた暮らしを体感してみませんか?

東樹麻理子さん写真8

東樹麻理子さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

子供の頃からお部屋を模様替えしたり、お花を飾ったりすることが大好き。
大学卒業後はインテリアの会社に7年間勤め、仕事の傍らテーブルコーディネートやフラワーアレンジを学べるスクールに通い、「結婚したら自宅で教室を開きたい」と夢見ていました。
結婚と出産を経て、忙しくストレスの多い現代女性や子育て中で自分の時間を持つことが出来ないママ達に、お花を通して楽しく安らげる時間を提供したいと思い立ち、息子が1歳の時に教室をオープンしました。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

素敵な生徒さん達との出会いが何よりの宝物です。
「お教室に来ると癒されます!」「久しぶりに集中して物作りに没頭することが出来て楽しかったです!」と目をキラキラさせて喜んで下さる姿を拝見すると、教室を開いて良かったと心から思います。
多趣味で色々なスキルをお持ちの生徒さんや、子育ての先輩である生徒さんから逆にたくさんのことを学ばせていただき、世界が広がります。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

生徒さんを下のお名前でお呼びしたり、出身地をお聞きして話題にしたり、アトリエ・エクリュに親近感を抱いてもらい緊張がほぐれるよう配慮しています。
お子様連れの方も歓迎しており、キッズレッスンを開催したりと、子育て中のママにも無理なくお花を楽しんでいただけるよう工夫しています。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 東樹麻理子さん写真10

    紅茶
    レッスン後のお楽しみであるティータイムを優雅に過ごしていただきたいので、お出しする紅茶にはこだわっています。桜の時期には、和菓子に桜の緑茶、クリスマスにはナッツ入りのケーキにクリスマスティーをお出しするなど、季節を感じていただく工夫をしています。

  • 東樹麻理子さん写真11

    輸入リボンや木馬リボン
    ご自分ではなかなか手に入れにくい輸入リボンなど、素敵なリボンを多数取り揃えています。 お花やリボンを選ぶ時間も、生徒さん達にとって楽しい時間になっているようです。

  • 東樹麻理子さん写真12

    インテリアやお花の洋書や洋雑誌
    最新のトレンドを取り入れたり、更にセンスを磨いて作品作りに生かすため、定期的に海外の洋書や洋雑誌で情報を仕入れています。オーダーレッスンのご依頼をいただいた際の打ち合わせ資料としても活用しています。