ピックアップサロネーゼ<特集> 第3回:教室運営編

中村薫さん写真1

「ラトリエ・プレジール」

中村薫

【東京都墨田区】

 

今月の「特集」のコーナーでご紹介するのは、料理教室「ラトリエ・プレジール」を主宰する中村薫さん。 お教室では身近な食材で作る和洋中の基本料理からおもてなし料理を、季節に合わせたテーブルコーディネートと共に学ぶことができます。 元々お料理好きだった中村さんは、周囲からの要望によりお料理を教えるようになりましたが、さらなる自分磨きのために習い始めたテーブルコーディネートをレッスンに取り入れることにより、生徒さんが増えていったようです。 常に学ぶことや新しいものにアンテナをはり続けることをお教室作りに役立てている中村さんのご活動内容をご紹介いたします。

中村薫さん写真8

中村薫さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

お料理が好きで長年、料理教室に通っておりました。
ホームパーティーを開いてお友達をおもてなしするうちに、「お料理を教えて!」と言われたのが教室を始めようと思ったきっかけです。
当時、通っていたお料理教室の先生が「あなたはこの仕事に向いているわよ。
よい機会だからぜひ!」と後押しして下さったことも大きかったです。
初めはお料理だけの教室でしたが、次第にテーブルコーディネートにも興味を持つようになり、テーブルコーディネートやフラワーアレンジメントの教室にも通って、レッスンの内容を充実させて参りました。
子どもを預けながら色々なレッスンに通うのは大変でしたが、テーブルコーディネートを教室のレッスンに取り入れるようになってから、お問い合わせを多く頂くようになりました。
興味の有ることは多少の無理をしてでも、学んだ方が良いと思います。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

生徒様から「おいしい!」と言って頂けることが一番嬉しいです。
レッスンでご紹介したお料理がご家族にも好評だったと伺った時や、親子レッスンに参加した下さったお子様からお手紙を頂いた時は、本当に幸せな気持ちになります。
また色々な生徒様方に恵まれて素敵な刺激を受け、自分自身の世界が広がり、成長できることも感謝をしています。
食を通じて、私自身も成長し、また生徒様方に幸せを感じて頂けることが最大の喜びです。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

ちょっとした工夫で、大切な人が笑顔を見せてくれる。
そんな何気ない幸せをもっとたくさんの方に感じていただきたいという気持ちを大切に教室を運営しています。
お教室のコンセプトを明確に持つということが必要なのではと思います。
また、生徒様あってこその教室ですから、そのコンセプトは大切にしつつも、生徒様の立場に立って臨機応変に対応していくということも必要だと思います。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 中村薫さん写真10

    パナソニックのハンドブレンダー
    フードプロセッサー、ブレンダー、泡立てと使えてとても便利です。 スタイリッシュなデザインなので、キッチンに出しておいてもお洒落に見えるところもお気に入りです。

  • 中村薫さん写真11

    やっとこ鍋
    大きさ違いで重ねて収納ができるので便利です。煮物の他に揚げ物でも使えるので重宝しています。

  • 中村薫さん写真12

    ルクルーゼのストックポット
    丸鶏が3羽も入ってしまう大きさなので、煮込み料理に大活躍!