ピックアップサロネーゼ<特集> 第3回:教室運営編

渡邉 眞理さん写真1

「e-収納 渡邉オフィス」

渡邉 眞理

【埼玉県越谷市、春日部市】

 

今月の「整理収納」のコーナーでご紹介するのは、「e-収納 渡邉オフィス」を主宰されている渡邉眞理さん。 渡邉さんは前職の製薬会社で働かれている際に自分自身が整理収納に向いていることに気が付いたそうです。 そこから整理収納を理論からしっかりと学び資格を取得することで、ご自身の生活のコントロールができるようになり、また渡邉さんと同世代の仕事に育児に介護にと悩める方々を中心に寄り添ったアドバイスをされています。 新たな夢に向かって日々精力的にご活動されている渡邉さんのご活動内容をご紹介いたします。

渡邉 眞理さん写真8

渡邉 眞理さん写真9

8.整理収納の仕事に興味を持ったきっかけを教えてください

製薬会社での医学論文編集の仕事でファイリングに興味を持ち、薬局などの在庫管理も学んでいく中で、整理収納は自分に向いていると知ったのが最初のきっかけです。
その後、しばらくして結婚・出産・新居購入となったのですが、初めての育児で混乱する中、子供が一人生まれただけなのに驚くほどのモノが増えてしまい、せっかくの新居が物置状態となっていく中で整理収納アドバイザーという資格に出会い、理論から学ぶことで暮らしをコントロールすることができ、現在の仕事へつながっています。

9.資格を取得して良かったと思うことはなんでしょう?

しっかりと学び、資格を取得したことが自信につながり、個人事業主として育児とのバランスをとりながら仕事ができるようになった事が良かったです。

10.講座やお仕事の内容や運営の工夫があれば教えてください

家族や周囲の人の協力があってこそ、外へ出て仕事ができるので、常に感謝の気持ちを忘れずに仕事をしています。
講座を開催する前の準備としましては、ご依頼いただいたお困り実例を各ケースごとにまとめてある中から、各回の受講者さま属性や講座内容に適した題材を拾い上げておく作業をしておきます。
スライド内に取り入れるのではなく、受講者の方から、質問が出た場合にすぐに対応できるように、あらかじめ記憶を呼び戻しておくというイメージです。
現場経験を重ねることで、実例の種類も豊富になりご紹介したい解決法も多くなってまいりました。私の講座ではよりリアルな実例をお聞きいただけると思います。
日々の運営につきましては、おかげさまで、とても忙しくさせていただいており、一人ですべての仕事をこなすには無理がきているところなので、スタッフを募り、次のステップへ進みたいと計画中です。

11.講座やお仕事でよく使う愛用品を教えてください(道具など)

  • 渡邉 眞理さん写真10

    作業道具
    メジャーはほぼ、毎日携帯しています。 これ以外に、エプロン・手袋は必須アイテムです。

  • 渡邉 眞理さん写真11

    シート
    床にモノを並べて仕分けするときに使います。

  • 渡邉 眞理さん写真12

    収納カゴ
    紙袋から、百円均一のカゴまで収納の仕切り作りに使います、