ピックアップサロネーゼ<特集> 第2回:レッスン編

渡邉 眞理さん写真1

「e-収納 渡邉オフィス」

渡邉 眞理

【埼玉県越谷市、春日部市】

 

今月の「整理収納」のコーナーでご紹介するのは、「e-収納 渡邉オフィス」を主宰されている渡邉眞理さん。 渡邉さんは前職の製薬会社で働かれている際に自分自身が整理収納に向いていることに気が付いたそうです。 そこから整理収納を理論からしっかりと学び資格を取得することで、ご自身の生活のコントロールができるようになり、また渡邉さんと同世代の仕事に育児に介護にと悩める方々を中心に寄り添ったアドバイスをされています。 新たな夢に向かって日々精力的にご活動されている渡邉さんのご活動内容をご紹介いたします。

4.どんな生徒・参加者が多いですか?

渡邉 眞理さん写真5 私自身が保育園、小学校4年生の子育てにも奮闘中の視点からの整理収納術を発信していることから、同じ世代で仕事や育児、介護などを頑張っている母親たちの参加が多いです。

講座では、その親世代の家『親の家の片づけ』も同時に相談されるケースが増えています。

5.どんな講座が人気ですか?

渡邉 眞理さん写真6 整理収納アドバイザー2級認定講座や捨てられないとお悩みの方、毎日忙しいワーキングマザーへ向けたキッチン整理収納セミナー。

分けることからスタートするスッキリと暮らすための整理術セミナーが人気です。

6.講座やお仕事で心がけていることはどんなことでしょう?

渡邉 眞理さん写真7 片づけられないと悩む人には、様々なタイプがあります。
やり方がわからない
つい後回しにしてしまう
時間がない
モノが多過ぎて手に余る 等。

クライアントがどのようなお困りごとを抱えていらっしゃるのかをヒヤリングや現状診断から読み取り、おひとりおひとりに適した進め方をお伝えするように心がけています。

またワークやディスカッションを通し、対話型セミナーになるように工夫しています。

7.講座やお仕事の楽しいエピソードを教えてください!

お片づけトレーナーとしてご依頼者さまのお宅へ伺うと、私自身の何かとリンクして引き寄せられたのかな?と感じることがたくさんあります。
同世代ママさんからの相談が多いので、捨てられなくて10年以上そのままだった段ボールの中から、私もいまだに持っている懐かしの昭和アイテムが出てきたりすると、クライアントと一緒に乙女だった頃に戻って昔話に花を咲かせたりします。
モノを整理する場面に立ち会う事は、人生そのものと向き合う瞬間にご一緒するという事です。見ないふりをして忘れたつもりでいた過去に戻され涙したり、思いがけず嬉しい発見があり笑顔いっぱいになったり。どのクライアントも素敵な宝物がいっぱい詰まったドラマを見せてくれます。
寄り添っている私の方がたくさんの気づきをもらい学ばせていただけるなんて、とても光栄なお仕事だと感じています。