/css/mt.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

誰でもできるおもてなし空間

/images/websalon/topimg_cnt02.jpg?version=" alt="Webでサロン体験 元祖サロネーゼ・マダム市川の誰でもできるおもてなし空間" width="650" height="116" />

最終回

元祖サロネーゼといわれるエレガントライフコーディネーターのマダム市川さんから生徒さんはもちろん、これからサロンを開きたい人も、もう開いている人にも役立つ、生徒さんやお客様が喜ぶ心地よい空間づくりや、長年のお教室運営で培ってこられた秘訣、ポイントなどを教えていただきます。

 

◆<最終回に向けて・・・>◆

 

10月から始まりました、この【誰でもできるおもてなし空間】もいよいよ最終回になりました。
このコラムをお読みいただいて、
「おもてなしってこんなに気楽にできて、楽しいものだったのねぇ!」
ということが皆様の中に少しでも伝わったら・・・、こんなに嬉しいことはございません。

 

◆<”気楽なおもてなしサロン“を開くまで・・・>◆

 

ichikawa_500_327.jpg

 

私の実家は今から思うと、季節の行事を大切にする家でした。
そんな中で育った私は、昔から何かと理由をつけては「おもてなし」をするのが好きでした。
もちろん、サロンを開く前は家族がその対象でした。

どんなお料理を作って、どんな演出をしたら喜んでくれるかしら?
と考えるだけでワクワク。
思い通りに、食卓が笑顔に包まれ、そのことで話が盛り上がるだけで心から幸せを感じていました。

 

◆<サロンを始めてから・・・>◆

 

ichikawa-2_500_327.jpg

 

10年ほど前から、生徒さんのリクエストで始まった【気楽なおもてなしサロン】も私の中では、その延長線上にあります。

リビングのドアを開いてテーブルデコレーションをご覧になった生徒さんたちの顔がぱっと明るくなって、
「素敵~~」
と言って下さったり、 テーマに沿ったアイディア料理のデモンストレーションをご覧になりながら、
「これならすぐに帰ってから出来そう」
「今度のパーティー、全部このメニューでしてみます!」
という皆様の言葉が次へのパワーになって、気がつけば10年になっていました。

 

◆<“おもてなし”は大切な人と、いつまでもフレッシュな関係でいるための“スパイス”>◆

 

【おもてなし】はともするとマンネリ化しがちな毎日に、サプライズというスパイスを振りかけてくれます。
大切な家族や親しいお友達の間が、いつもフレッシュであるためにも、おもてなしの時間がもたらす心地よい緊張感は、
心に確かなハリを与えてくれます。

 

◆<日常の中にも、さりげない“おもてなしの心を忘れずに・・・>◆

 

SW054_L.jpg

 

日常の中にさりげなく【おもてなし】の心があると、生活の中にもメリハリが付きます。

一日一日を大切に、楽しく生きていくためにも、この【おもてなしの心】はきっとあなたに素晴らしい効果を与えてくれるはずと信じています。

今までのコラムを通して、「おもてなし」に対してのハードルが低くなったり、楽しそう・やってみようかしらと思っていただけましたら、こんなにうれしいことはありません。

最後までお読みいただきまして、本当にありがとうございました。
また、皆様にお目にかかれます事を願いつつ・・・筆を置くことにいたします。