/css/mt.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

誰でもできるおもてなし空間

/images/websalon/topimg_cnt02.jpg?version=" alt="Webでサロン体験 元祖サロネーゼ・マダム市川の誰でもできるおもてなし空間" width="650" height="116" />

おもてなしQ&A

元祖サロネーゼといわれるエレガントライフコーディネーターのマダム市川さんから生徒さんはもちろん、これからサロンを開きたい人も、もう開いている人にも役立つ、生徒さんやお客様が喜ぶ心地よい空間づくりや、長年のお教室運営で培ってこられた秘訣、ポイントなどを教えていただきます。

10月から約半年にわたって、【おもてなし】について書いてまいりました。
最終月の今月は 【おもてなし】に関してよくある質問をピックアップして【Q&A】式に復習も兼ねて書いてまいります。
どうしたらいいかしら?とお迷いになったときにお役立ていただければと思います。

 

◆<なぜ大人数のときにはブッフェスタイルがいいの?>◆

 

DSC05110_500_313.jpg

 

【気楽なおもてなしサロン】では、すべてブッフェ形式でお料理をお出ししています。
それのいいところは・・・、

まず終わってからの洗い物が少なくて済むということです。
サロンは各回10名ほどの生徒さんがいらっしゃいます。
お料理が4種類あるとしたら、各お料理を1人ずつ別々のお皿に盛りつけたら、単純に考えて、40枚必要になってしまいます。

でも、デザート以外のお皿を大皿一枚してしまうと、盛りつけ用のお皿4枚と取り皿10枚+デザート皿10枚、食事中のカップや
デザートのときの紅茶用のカップ&ソーサーを入れても、約半分で済みます。
大人数の【おもてなし】も気楽に楽しくなることと思います。

 

◆<ブッフェにはどんなお料理がいいの?>◆

 

DSC05109_500_375.jpg

 

全てのお料理を大皿に盛り付けるためには、ちょっとしたコツがあります。  

それは、メニューを決めるときに【冷めても味に影響しないもの】を選ぶこ と&ソースなどで味付けをする必要がないお料理
にすることです。  
ソースをかけると、他のお料理にそれが流れていき、せっかくの味付けも台無しになってしまいます。

お恥ずかしいお話ですが・・・、生徒さんの参加人数が思っているより多かったり、少なかったり・・・、
この仕事を始めて15年以上たった今でもよくこの失敗をしてしまいます。  

でもブッフェ形式にしているので、生徒さんの数が増減してもそれなりに対処でき、私のような粗忽者にはこれは本当に
ありがたい【おもてなし】のしかたです。

 

◆<ブッフェ形式で注意すること>◆

 

DSC02367_500_375.jpg

 

ブッフェ形式で注意することは、皆様に席を立ってお料理をとっていただくので、テーブルをセットするときに、人の流れ
考えながらスムーズに流れるようにセッティングすることです。  

テーブルの上に、お皿・オードブル・メイン・サラダ・パンの順番にセットし、最後にカトラリー・ナプキンをセットします。

 

◆<デザートをお出しするタイミングは?>◆

 

DSC05115_500_375.jpg

 

デザートはほとんどのお客様のお皿がほぼあいてきた時を見計らって、会話がなんとなく途切れた時に、一言断ってから
席を立ってお茶の用意をするようにします。  

お招きした方はいつも皆様の様子を見ながら、次の行動をすると、スムーズに誰もが楽しんでいただける【おもてなし】を
することができます。

 

 

次回も【おもてなしQ&A】でよくある質問にお答えしてまいります。